積んで殴るだけ

積みこそ正義

S15使用構築【最終34位 2106】日食ネクロズマスタン

とっつぁんです。
S15お疲れ様でした。
今期も2100を超えることができたため構築記事を書きたいと思います。

 

TNとっつぁん 最高2093最終2000ちょい

TNコイヌール 最高最終2106

 

 

 

【構築経緯】

【コンセプト】

 

【個別紹介】

 以下、採用順に記載。

 

f:id:tottuanpoke:20210302020217p:plain

日食ネクロズマ@ラムのみ

性格:意地っ張り

特性:プリズムアーマー

実数値:173(4)-229(252)-147-119-129-129(252)

技構成:メテオドライブ/フォトンゲイザー/地震/龍の舞

 

本構築のエース①

メタモンや特性てんねんのポケモンで止まりにくい積みアタッカーとして採用。

日食ネクロズマは弱点保険を警戒して抜群技を打たれずらく、状態異常を絡めて対策している構築が多かったためラムのみを持たせた。

ラムのみを持たせた恩恵としてヌオー等の熱湯火傷、カバルドンラグラージのあくびを一回だけ無効化できるため積極的に龍の舞を選択できる。

調整は回復技を採用しておらず、耐久に振る理由がなかったためAS特化にした。

技構成はメテオドライブと龍の舞は外す理由がないため採用。サンダーとヌオーに対する打点としてフォトンゲイザーを採用。最後に日食ネクロズマミラー意識で地震を採用していた。

龍の舞を積める場面が多く、積んだネクロズマの抜き性能は高かったので非常に使いやすかった。

 

 

 

バシャーモ@バコウのみ

性格:意地っ張り

特性:加速

実数値:155-189(252)-90-×-91(4)-132(252)

技構成:フレアドライブ/インファイト/地震/剣の舞

 

本構築のエース②

日食ネクロズマのきついナットレイテッカグヤ、アーマーガア、エアームドの対策として採用。

テッカグヤ、アーマーガアに加えてサンダーの飛行技を受けることが多いのでバコウのみ持たせている。

地震を採用することでムゲンダイナ+テッカグヤの並びに強くなる。

本構築ではムゲンダイナ+テッカグヤバシャーモで対策していたため地震にしていたが、他のポケモンで対策できるならば別の技でいいと思っている。

ストーンエッジを採用するとホウオウ、リザードンを容易に対策できる。

雷パンチを採用するとホウオウ、リザードンを対策しつつ、カイオーガに少しだけ強くなる。しかし無振りカイオーガですらダイサンダーが82%の乱数1発のため過度な期待は禁物。

ソーラービームを採用するとCに下降補正をかけてもHB特化D4振りカバルドンをダイバーン+ダイソウゲンでちょうど確定で落とせる。また、後投げされやすいヌオーやラグラージも返り討ちにできるため、これらのポケモンバシャーモを対策している構築に対する勝率が上がる。

伝説環境でも3タテできることが何度もあったので、今期も強かった。

 

 

 

マンムー@気合の襷

性格:意地っ張り

特性:鈍感

実数値:185-200(252)-100-×-81(4)-132(252)

技構成:つららばり/地震/氷の礫/ステルスロック

 

本構築のステルスロック撒き

ランドロス、サンダーの選出率が非常に高いため、これらのポケモンがいた場合は積極的に選出した。多分今期の選出率1位はマンムーだと思う。

一時期ヌオーが憎くてフリーズドライを採用しようと考えたが、切れる技がなかったので断念した。ステロ枠を別に採用するならばフリーズドライを採用し得。マンムーにヌオーとラグラージを何度も後投げされたので刺さると思う。

前期多かったHBポリゴン2カプ・レヒレが減り、マンムーの通りがいい構築が多かったので今期も活躍した。

 

 

f:id:tottuanpoke:20210101211713p:plain

サンダー@ウイのみ

性格:図太い

特性:静電気

実数値:197(252)-×-150(252)-145-111(4)-120

技構成:ボルトチェンジ/暴風/電磁波/羽休め

  

本構築の物理受け、起点作成要因①

相変わらずウーラオスとエースバーンが多かったので、対策としてHBサンダーを採用。

鉢巻水ウーラオスに対して静電気の試行回数を稼ぐ、羽休め連打で相手のダイマックスを枯らす立ち回りを可能にするため1/3回復きのみを持たせている。

また今期はメタモンが流行っていたのでその対策も兼ねている。

日食ネクロズマバシャーモをコピーした際はダイアースを選択されることが多かったので、サンダーを後投げして電磁波を入れる立ち回りをしていた。この立ち回りで比較的安定して勝つことができていた。

命中不安技を連打するので運要素が絡んでくるが、それを差し引いても強かった。

 

 

 

カプ・レヒレ

カプ・レヒレ@後攻の尻尾

性格:穏やか

特性:ミストメイカ

実数値:177(252)-×-151(124)-115-183(132)-105

HB:A特化珠持ちガマゲロゲのダイソウゲン確定耐え

HD:C252振り珠持ちカイオーガのダイサンダーを上から2つ切って耐え

技構成:トリック/ムーンフォース/自然の怒り/挑発

 

起点作り要因②

サンダーが出せない際のウーラオス対策と相手の抜きエースへ後攻の尻尾を押し付けて機能停止にするために採用。

日食ネクロズマがきつい黒バドレックス、カイオーガイベルタルは初手に出てくることが多かったため、初手に出して後攻の尻尾を押し付け裏のポケモンで対応していた。

前期と同様、初手ダイマックス構築はカプ・レヒレで後攻の尻尾を押し付け、裏のエースを通す立ち回りで比較的安定して勝つことができた。

ただしザシアンにはトリックが効かないため、ザシアン入りの構築には極力選出しないようにしていた。

  

 

 

f:id:tottuanpoke:20201202191154j:plain

ミミッキュ@タラプのみ

性格:意地っ張り

特性:化けの皮

実数値:147(132)-156(252)-101(4)-×-128(20)-129(100)

HD:皮ダメ+C252振り珠持ちイベルタルの悪の波動を最高乱数以外耐え

S:S60振りサンダー抜き

技構成:じゃれつく/ゴーストダイブ/影打ち/剣の舞

 

本構築のエース③

カプ・レヒレだけでは黒バドレックス、カイオーガイベルタルにトリックを決められなかった際に裏で対応することが厳しい。そのため上記の3匹に比較的強く汎用性の高いミミッキュを採用。

黒バドレックス、カイオーガイベルタル入り出すことが大半で、アッキのみよりもタラプのみの方が発動機会が高いと判断したためタラプのみを持たせた。タラプのみを持たせたことでカイオーガイベルタルの他、選出率の高かったサンダーとの打ち合いに強くなる。

相手の耐久振りサンダーの上を取れれば、ステロダメとA+2ダイホロウかダイフェアリーでHB特化サンダーでも落とすことができる。そのため今期もある程度Sを振っていた。今期はザシアン対策でHBサンダーが多く、上記の方法でサンダーを倒すケースも少なくなかったのでこの調整は間違っていないと思っている。

 

 

 【基本選出】

サンダーorカプ・レヒレ+マンムー+日食ネクロズマorバシャーモ

今期は大半がこの選出。

黒バドレックス、カイオーガイベルタルがいた際は

カプ・レヒレ+ミミッキュ@1で選出していた。

 

 

【きついポケモン 

黒バドレックス

カプ・レヒレで後攻の尻尾を押し付けることができず、ミミッキュの皮が剥がされた時点で試合が終わる。初手に出てきた場合はカプ・レヒレで後攻の尻尾を押し付ける。初手出てこなかった場合は、ミミッキュの皮を剥がされないよう立ち回る必要がある。

 

リザードン

キョダイマックスされると対面で誰も勝てない。ホウオウのようにサンダーで電磁波を打ってごまかすことができないのがきつい。リザードンの採用率はそこまで高くないので対策を立てず、マッチングをしないことを祈っていた。

 

【最後に】

伝説環境で対戦することが初めてで慣れないことも多かったですが、今期も2100超えを達成できてよかったです。

2月上旬に作成した記事通りに行動して結果を残すことができたので、強くなるための参考として読んでいただけると幸いです。

tottuanpoke.hatenablog.com

ここまで読んでいただきありがとうございました。もし質問等があれば@tottuan11までお願いします。

 

f:id:tottuanpoke:20210302185702p:plain

 

f:id:tottuanpoke:20210302185717p:plain



 

 

 

レート2000を達成するために必要なこと

とっつぁんです。

強くなるためは何をすればいいか問い合わせが何件かあったので、思い切って記事を書くことにしました。今回はレート2000を達成するために必要なことを簡単ではありますが、記載しようと思います。

※注意

・本記事の内容が全て正しいとは限らない。

・対面、積み構築を使うことが大半のため偏った考え方がある。

・本記事は選出、立ち回りの詳細はほとんど記載していないため、気になる方はポケットファンクションで他の記事を参考にしていただきたい。

nouthuca.com

 

 

【目次】

 

【使い慣れた構築を作る】

レート2000を目標にしている人がレート2000を達成するためにな必要なことは「使い慣れた構築」である。以下に詳細の説明を記載。

よくレート2000を達成するためには「対戦回数を重ねることが必要」という意見がある。こちらは間違っていないが説明が少し足りない。
「同じ構築で対戦回数を重ねることが必要」この表現が正しいと思っている。別々の構築で対戦回数を重ねても以下のことが身に付かない。

・使用している構築の選出、立ち回り

・相手の選出、立ち回りを読む力

これらが身に付かないと勝ち続けることは厳しい。

ここまでレート2000を達成するための考え方を記載した。次に使い慣れた構築にするまでの手順を記載する。

 

1. 使用する6匹を決める

最初は軸とするポケモンを決め、軸となるポケモンの補完を5匹決める。

構築を組む段階で何も案がない場合は、ポケットファンクションにある構築記事を参考に構築を組み始めればいいと思う。結果を残している構築のレンタルパは認知されているため、型読み前提の行動を取られることがあり参考にならない。

そのため育成は自分で行い、少しだけアレンジをするべき。どうアレンジすればわからないという場合は、構築記事で選出率の低いポケモンを別のポケモンに変えてみればいいと思う。

 

 2.手順1で決めた構築で50戦戦う

最低でも同じ構築で50回は対戦すべき。50回対戦すれば以下のことが分かってくる。

・選出率が極端に低いポケモン

・対応が厳しいポケモン、並び

 

3.構築の見直し第1弾

使用率がTop10に入っているポケモンから優先して対策を立てる。
まずは選出率が極端に低いポケモンを対応が厳しいポケモンへ強く出れるポケモンに変更する。または使っているポケモンの型を変える。

 

4.手順1~3を繰り返す

遅くても最終日の1週間前までに今期使用する6匹を決めたい。

繰り返しになるが、別々の構築で対戦回数を重ねても以下のことが身に付かない。

・使用している構築の選出、立ち回り

・相手の選出、立ち回りを読む力

 

5.構築の見直し第2段

使用する6匹を決めたら、後はレート2000を達成するまでひたすら対戦を行い使い慣れた構築にする。この段階で対応がきついポケモンがいた場合は、今使っているポケモンの型を変えて対応する。理由としては、ポケモンを変えると相手の選出と立ち回りが変わってくるため。1匹変えただけでも相手の選出と立ち回りが変わるので、今までの努力が無駄になってしまう。
対応がきついポケモンの採用率が低い場合は思い切って対策を切ることも選択肢に出てくる。全てのポケモンに完璧な対策のできる構築は存在しないと思っているので、使用率の低い1匹のために型を変える必要はそこまでない。

 

【まとめ】

レート2000を達成するまでにかかる時間は人によって異なりますが、地道な努力を続けていればたどり着くことができるので是非頑張ってください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。もし質問等があれば@tottuan11までお願いします。

 

S14使用構築【最終13位 2107】バシャスタンAnother

とっつぁんです。
S14お疲れ様でした。
今期も2100を超えることができたため構築記事を書きたいと思います。

 

TNとっつぁん 最高2092最終お察し

TNコイヌール 最高最終2107


今期は前期の構築をアレンジして使っていました。

tottuanpoke.hatenablog.com

 

 

 

【構築経緯】

【コンセプト】

  • ステロを撒いて3タテを狙う
  • カプ・レヒレかサンダーで起点を作って3タテを狙う
  • ウオノラゴンでサイクルを崩壊させる

 

【個別紹介】

 以下、採用順に記載。

 

 

バシャーモ@バコウのみ

性格:意地っ張り

特性:加速

実数値:155-189(252)-90-×-91(4)-132(252)

技構成:フレアドライブ/インファイト/地震/剣の舞

 

本構築のエース①

過去記事の流用になるが、エースバーンではなくバシャーモを採用するメリットは以下の3点。

・ダイウォールで素早さが上げられる

・技が命中安定なので外しがない

・剣の舞を覚えるので抜き性能が高い

カプ・レヒレとウオノラゴンを入れたことにより、ドヒドイデアーゴヨンウツロイドの選出率が増加したため雷パンチを地震に変えた。地震に変えたことにより上記3匹を安定して倒せるようになったため、変えて正解だったと思う。

 

 

 

 

マンムー@気合の襷

性格:意地っ張り

特性:厚い脂肪

実数値:185-200(252)-100-×-81(4)-132(252)

技構成:つららばり/地震/氷の礫/ステルスロック

 

本構築のステルスロック撒き

何故かはわからないがランドロスの選出率が増加したので、厚い脂肪から鈍感に変えた。鈍感のおかげで勝てた試合が多かったので変えてよかったと思っている。

バシャーモの苦手なランドロスカイリューボーマンダに圧をかけられるので、バシャーモを使う場合のステロ撒きはマンムーが適していると改めて思った。

 

 

 

f:id:tottuanpoke:20201202191154j:plain

ミミッキュ@アッキのみ

性格:意地っ張り

特性:化けの皮

実数値:147(132)-156(252)-103(20)-×-126(4)-129(100)

HB:B+1状態で皮ダメ+命の球持ちA252ミミッキュの+2影打ちを最高乱数以外耐え

S:S60振りサンダー抜き

技構成:じゃれつく/ゴーストダイブ/影打ち/剣の舞

 

本構築のエース②

耐久振りサンダーやカイリューの上を取れないことが気になったのでSを少しだけ伸ばした。

ダイマックスが残っていれば1対2からでも逆転できることが多かったので、改めてミミッキュの対面性能が高いことを思い知った。

 

 

f:id:tottuanpoke:20210101211713p:plain

サンダー@ウイのみ

性格:図太い

特性:静電気

実数値:197(252)-×-137(252)-145-111(4)-120

技構成:ボルトチェンジ/暴風/電磁波/羽休め

  

本構築の物理受け兼起点作成要因①

初手に出して脳死で電磁波を入れて裏のバシャーモミミッキュ、ウオノラゴンで詰めていく立ち回りが強かった。

前期の記事の流用になるが、電磁波の採用理由はサンダーを初手に出したとき以下のパターン両方に対応できるため。

・初手に選出されやすいエースバーン、ウオノラゴン、ウーラオス対面で相手が突っ張ってきたとき

・上記3匹との対面で裏からウツロイドバンギラスポリゴン2等のサンダー受けのポケモンを後投げされたとき

 

 

f:id:tottuanpoke:20210201151333p:plain

ウオノラゴン@拘り鉢巻

性格:意地っ張り

特性:頑丈顎

実数値:165-156(252)-121(4)-×-100-127(252)

技構成:エラガミ/逆鱗/蹴手繰り/堪える

 

本構築のエース③ 

ウオノラゴンの役割はダイマックスを使わずバンギラスドサイドンポリゴン2ラグラージ等の受けポケモン入りのサイクルを崩壊させること。

サンダーの電磁波、カプ・レヒレの後攻の尻尾トリックとのシナジーを考えて拘り鉢巻を持たせた。

後投げされることの多いHBナットレイ、HBカプ・レヒレを倒して裏のエースを通すことができた試合も多かったので鉢巻を持たせて正解だった。

鉢巻エラガミの火力が高すぎて病みつきになっていた。

 

 

カプ・レヒレ

カプ・レヒレ@後攻の尻尾

性格:穏やか

特性:ミストメイカ

実数値:175(236)-×-153(140)-115-183(132)-105

HD:C252振り眼鏡持ちサンダーの10万ボルトを確定耐え

B:余り

技構成:トリック/ムーンフォース/自然の怒り/挑発

 

起点作り要因②

カプ・レヒレの役割はサンダーが出せない場合のウーラオス対策と相手のエースに後攻の尻尾を押し付けて機能停止にすること。

HDに厚く降ることによりサンダーの攻撃もほとんど耐えるため、サンダー対面は突っ張ってトリックを選択していた。(珠ダイサンダーは耐えないが、珠持ちはダイジェットを選択することが大半のため非考慮)

技構成は一致技のムーンフォース、相手に一番負荷をかけられる自然の怒り、自然の怒りを打った後に回復技を打たれることを嫌い挑発を選択した。

初手ダイマックス構築はカプ・レヒレで後攻の尻尾を押し付け、裏のエースを通す立ち回りで比較的安定して勝つことができた。

  

 

 【基本選出】

サンダーorカプ・レヒレ+マンムー+バシャーモorミミッキュ

今期は大半がこの選出だった。

ウオノラゴンの通りがいい場合(低速のポケモンが3匹以上いる構築)はマンムーをウオノラゴンに変えていた。

 

 

【きついポケモン 

ドリュウズ

先に展開されると対応がきつかった。

カプ・レヒレで後攻の尻尾を押し付けて裏のエースで倒す、もしくはミミッキュで砂ターンを消費してバシャーモで倒していた。

 

ロトム

特にスカーフを持って鬼火を搭載している個体がきつかった。

カプ・レヒレミストフィールドを貼ってミミッキュで突破する、もしくはサンダーで削りを入れて裏のエースで倒していた。

 

S133以上の鉄壁瞑想カプ・レヒレ

最終日3日前に当たってボコボコにされた。

本構築は中速のポケモンで固めているため、上から鉄壁や瞑想をされると手がつけられない。

使っている人は少ないと判断したので特に対策をせず、マッチングしないことをひたすら祈っていた。

 

他にもきついポケモンは何匹かいるが、特に気になったのポケモンのみ記載した。

 

【最後に】

今期も時間があったので、2ロム体制でひたすらランクマッチをしていました。

苦戦はしましたが、2100超えを達成できてよかったです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。もし質問等があれば@tottuan11までお願いします。

 

f:id:tottuanpoke:20210201173307p:plain

 

f:id:tottuanpoke:20210201173516p:plain

 

S13使用構築【最終5位 2154】バシャスタン改

とっつぁんです。
S13お疲れ様でした。
剣盾で初の最終1桁を達成できたので構築記事を書きたいと思います。

 

TNとっつぁん 最高最終2154

TNコイヌール 最高2153最終2036


今期は前期の記事を改良した構築を使用しました。

tottuanpoke.hatenablog.com

 

 

【変更点】

  • スカーフレヒレの増加によりドラパルトの選出率が極端に落ちたので、ドラパルトの代わりにサンダーを採用。
  • ラッキーに強くするため、ガラルファイヤーの性格と技構成を変更。
  • ミミッキュの火力不足が気になったので、努力値と技構成を変更。

 

【コンセプト】

ステロを撒いて3タテを狙う。

 

【個別紹介】

 

 

バシャーモ@バコウのみ

性格:意地っ張り

特性:加速

実数値:155-189(252)-90-×-91(4)-132(252)

技構成:フレアドライブ/インファイト/雷パンチ/剣の舞

 

本構築のエース①

こちらは前期から変更なし。

今期は特殊アタッカー型のテッカグヤが非常に多く、選出される確率が非常に高かった。この型のバシャーモダイマックスをすると命の珠持ちC252+1ダイジェットまで確定で耐えるため、何度も返り討ちにした。(C特化の場合は25%で落ちる)

カプ・レヒレ入りにも選出するために雷パンチを採用していたが、今期はバシャーモを耐久振りカイリューで見ている構築が多かった。そのため雷パンチではなくストーンエッジを採用した方がバシャーモがより使いやすくなると思ったが、カプ・レヒレ入りに出せなくなってしまうため一長一短。

今期も構築の軸としてふさわしい活躍をした。

 

 

 

 

マンムー@気合の襷

性格:意地っ張り

特性:厚い脂肪

実数値:185-200(252)-100-×-81(4)-132(252)

技構成:つららばり/地震/氷の礫/ステルスロック

 

本構築のステルスロック撒き

こちらは前期と変更なし。

特性を厚い脂肪にしている理由は、体感だが威嚇持ちのポケモンを選出されることが少なかったのと、選出される確率の高いガラルヒヒダルマに強くなるため。

サンダー、カイリューを出される確率が非常に高いため、積極的に選出した。

 S13でマンムーの使用率は46位だったが、個人的にはとても使いやすかった。

 

 

 

f:id:tottuanpoke:20201202190025p:plain

ガラルファイヤー@オボンのみ

性格:控えめ

特性:逆上

実数値:165-×-111(4)-167(252)-145-140(252)

技構成:もえあがるいかり/暴風/悪巧み/挑発

 

本構築のエース②

最速スカーフレヒレに負けることより、火力不足で負けることが気になったのとラッキーにより強くするため控え目にした。

前期は身代わりを採用していたが、ラッキー対面で何度も身代わり択を行う必要があり安定しなかったので挑発を採用した。挑発を採用したおかげで前期の構築で切っていたピクシーに多少は抗えるようになった。

ラッキーに強くなったので、バンギラスのいない受けサイクルに対しては前期以上に高い勝率を出すことができた。

 

 

 

f:id:tottuanpoke:20201202191459p:plain

カミツルギ@命の珠

性格:陽気

特性:ビーストブースト

実数値:135(4)-233(252)-151-×-51-177(252)

技構成:リーフブレード/燕返し/ギガインパクト/聖なる剣

 

本構築のエース③

こちらは前期から変更なし。

今期はHBベースのサンダー、カイリュー、アタッカー型のテッカグヤが多く選出される確率も高かったのであまり出さなかった。

上記3匹のいずれかを選出させ他のポケモンで対応する立ち回りで今期は勝てたため、パーティにいるだけでも役割を持てていた。

 

 

 

 

f:id:tottuanpoke:20201202191154j:plain

ミミッキュ@アッキのみ

性格:意地っ張り

特性:化けの皮

実数値:149(148)-156(252)-105(36)-×-126(4)-125(68)

HB:B+1状態で皮ダメ+命の球持ちA252ミミッキュの+2影打ちを確定耐え

S:最速テッカグヤ抜き

技構成:じゃれつく/ゴーストダイブ/影打ち/剣の舞

 

本構築のエース④

火力不足で負けることが多かったので調整を見直した。

A特化を維持しつつ相手のミミッキュに強い型にしたつもりだが、アッキミミッキュミラーでSが負けていることが結構あった。そこさえ目を瞑ればアッキミミッキュの調整はこれでいいと思っている。

ミミッキュダイマックスをすることが前期よりも増え、火力のあるダイホロウがほしい場面が多かったためゴーストダイブを採用。相手のダイマックスターンを消費させることができるのも強かった。

選出すれば腐ることがほとんどなかったので今期も活躍をしてくれた。

 

 

 

f:id:tottuanpoke:20210101211713p:plain

サンダー@ウイのみ

性格:図太い

特性:静電気

実数値:197(252)-×-137(252)-145-111(4)-120

技構成:ボルトチェンジ/暴風/電磁波/羽休め

  

本構築の物理受け

ドラパルトをサンダーにすることでウーラオステッカグヤに強いかつ、カプ・レヒレ入りにも出せるようになると気づいたため変更した。

持ち物は汎用性の高い3分の1回復きのみ。

物理受けとして採用しているためHBに振り切り。Sを振らないことで相手のサンダーと対面したときに後攻ボルトチェンジができる他、ダイマックス読みで羽休めをして相手のダイマックスターンを消費できる。

本構築のサンダーは電磁波を採用している。採用理由はサンダーを初手に出したとき以下のパターン両方に対応できるため。

・初手に選出されやすいエースバーン、ウオノラゴン、ウーラオス対面で相手が突っ張ってきたとき

・上記3匹との対面で裏からウツロイドバンギラスポリゴン2等のサンダー受けのポケモンを後投げされたとき

この型のサンダーを使うと電磁波と暴風を打つことが多いため運要素が絡んでくる。しかし一番の役割対象であるウーラオスに強くなったため採用したのは正しかった。

 

 

 【基本選出】

決まった選出は特になかった。特定のポケモンがいた場合、なるべく以下のパターンになるように意識していた。

 

・サンダーがいる場合

マンムーバシャーモミミッキュから2匹を選出

 

テッカグヤがいる場合

バシャーモ@2

 

・ウーラオスがいる場合

サンダー@2

 

カイリューがいる場合

バシャーモカミツルギの選出を控え他の4匹から選出

 

 

【きついポケモン 

ドリュウズ

ここまで流行ると思わなかったため対策が薄い。立ち回りを間違えると簡単に3タテされた。

砂ターンを無理やり枯らす、またはバシャーモを先に展開することで対応していた。

 

ピクシー

前期よりはマシになったが相変わらずきつい。

ガラルファイヤーで挑発を打って削り裏で倒していた。

 

【最後に】

今年の年末年始は予定が何もなかったので、2ロム体制でひたすらランクマッチをしていました。おかげで最終1桁を残すことができてとても嬉しいです。

1日が休みのときは、また徹夜でランクマッチを行いたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。もし質問等があれば@tottuan11までお願いします。

 

f:id:tottuanpoke:20210102132212p:plain

 

f:id:tottuanpoke:20210102132229j:plain



 

 

S12使用構築【最終87位 2102】バシャスタン

とっつぁんです。
S12お疲れ様でした。
3シーズン振りに2100に乗せることができたため構築記事を書きたいと思います。
 

 

 

【構築経緯】

 

【コンセプト】

ステロを撒いて3タテを狙う。

 

【個別紹介】

 

 

バシャーモ@バコウのみ

性格:意地っ張り

特性:加速

実数値:155-189(252)-90-×-91(4)-132(252)

技構成:フレアドライブ/インファイト/雷パンチ/剣の舞

 

本構築のエース①。

解禁されることがわかった瞬間から使おうと思っていた。

エースバーンではなくバシャーモを採用するメリットは以下の3点。

・ダイウォールで素早さが上げられる

・技が命中安定なので外しがない

・剣の舞を覚えるので抜き性能が高い

デメリットは以下である。

・C252サンダーやA252霊獣ランドロスのダイジェットをダイマックスしても耐えないため簡単に3タテされてしまう

デメリットを解消するため、持ち物はバコウのみにした。

バコウのみを持たせることで、C特化珠サンダーやA特化珠霊獣ランドロスのダイジェットを耐えることができる。

ステロを撒けば、有利に立ち回れることが多かった。

 

 

 

 

マンムー@気合の襷

性格:意地っ張り

特性:厚い脂肪

実数値:185-200(252)-100-×-81(4)-132(252)

技構成:つららばり/地震/氷の礫/ステルスロック

 

本構築のステルスロック撒き

襷カウンターで負けることが死ぬほど嫌だったため、積極的に選出してステルスロックを撒いていた。

サンダーがいた場合は9割くらいの確率で選出されるため、対抗できるマンムーの選出率も高かった。

個人的に非常に使いやすいポケモンだが、つららばり回数に依存することが多いので多少の運は必要。

 

 

 

f:id:tottuanpoke:20201202190025p:plain

ガラルファイヤー@オボンのみ

性格:臆病

特性:逆上

実数値:165-×-111(4)-152(252)-145-156(252)

技構成:もえあがるいかり/暴風/悪巧み/身代わり

 

本構築のエース②。

バシャーモがきついドラパルト、カバルドンドヒドイデクレセリアがいた場合に選出していた。

持ち物、実数値、技構成を色々試した結果上記のようになった。

死に出しで悪巧みを積んでダイマックス、ダイマックスが切れたら身代わりで相手のダイマックスを枯らす動きが強かった。

準速で使っていた際に最速カプ・レヒレに何度も負けたため最速にしていたが、考慮しない場合は準速のほうが強いと思う。

 

 

 

f:id:tottuanpoke:20201202191459p:plain

カミツルギ@命の珠

性格:陽気

特性:ビーストブースト

実数値:135(4)-233(252)-151-×-51-177(252)

技構成:リーフブレード/燕返し/ギガインパクト/聖なる剣

 

本構築のエース③

バシャーモとガラルファイヤーではきついカプ・レヒレの対策として採用。

ゴリランダーではなくカミツルギを採用した理由は、対サンダーの性能がカミツルギのほうが高いため。

特にいい調整が思いつかなかったのでASブッパにしたが、カミツルギ素早さを172にしている人が多くミラーで負けることが少なかったためこれでよかったと思う。

カプ・レヒレの選出率が9割くらいあったため、何だかんだ選出することが多かった。

サンダーの選出率も9割くらいあるので、交換読みダイアタックが決まると簡単に勝つことができる。

 

 

 

f:id:tottuanpoke:20200702234131p:plain

ドラパルト@食べ残し

性格:臆病

特性:すり抜け

実数値:193(236)-×-106(84)-121(4)-107(100)-191(92)

HB:A187ドリュウズの岩石封じを身代わりが最高乱数以外耐え

 D :DL対策

  S :最速アーゴヨン抜き

技構成:祟り目/鬼火/電磁波/身代わり

  

S9で使用していた個体。

水ウーラオスバシャーモが出せない場合にきつくなるテッカグヤの対策として採用。

相手の構築にウーラオス以外水タイプがいない場合は、連撃の型を一点読みをして初手に出していた。

意外とこの型が読まれることが少なく、このポケモン1匹で崩壊させることが何度もあった。

テッカグヤに比較的強い点も評価できる。

カプ・レヒレがいた場合は選出しないようにしていたため、選出率はそこまで高くない。

 

 

 

f:id:tottuanpoke:20201202191154j:plain

ミミッキュ@アッキのみ

性格:意地っ張り

特性:化けの皮

実数値:159(228)-143(156)-103(20)-×-126(4)-129(100)

H:16n-1

A:11n

B:余り

D:単数

S:S60振りサンダー抜き

技構成:じゃれつく/影打ち/ドレインパンチ/剣の舞

 

ダイマックスエース。

アッキ持ちミミッキュミラーに強くするため、多めにSを割いた。

その結果、アッキ持ちミミッキュミラーで勝てることが多かったため調整は間違っていないと思っている。

相手の構築にウーラオス以外の水タイプがいる場合、一撃の型を一点読みをして初手に出すこともあった。

ダイマックス技を1回受けることのできる化けの皮が強すぎた。

 

 

 【基本選出】

マンムーバシャーモorガラルファイヤーorカミツルギミミッキュ

この選出パターンが一番多かった。

 

 

【きついポケモン

アッキ持ちサンダー

バシャーモカミツルギで強引に突破することが厳しくなる。

 

ウーラオス

型を間違えると一気にきつくなる。

 

ピクシー

今期は流行らないと思い対策を切っていた。コスモパワーを積まれると手も足もでないので、マッチングしないことをひたすら祈っていた。

 

 

【最後に】

ここまで読んでいただきありがとうございました。もし質問等があれば@tottuan11までお願いします。

 

f:id:tottuanpoke:20201202201730p:plain

 

f:id:tottuanpoke:20201202201655p:plain



 

 

S9使用構築【最終40位 2105】電磁波運ゲスタン改

とっつぁんです。
S9お疲れ様でした。
今までお世話になったポケモン達を供養したいと思います。
本記事は前期使用構築の改良版となっています。

 

 

tottuanpoke.hatenablog.com

 

 

 

【変更点】

【個別紹介】

 

 f:id:tottuanpoke:20200701214854j:plain

エースバーン@ラムのみ

性格:意地っ張り

特性:リベロ

実数値:175(156)-184(252)-96(4)-×-97(12)-150(84)

  S:準速ウーラオスf:id:tottuanpoke:20200801162825p:plain抜き 

  D:DL対策

技構成:アイアンヘッド/飛び膝蹴り/飛び跳ねる/ビルドアップ

 

本構築のエース①。

シーズン序盤はASぶっぱにしていたが活きた場面がほとんどなかったため、Sを最低限にして耐久に降った。

耐久振りが活きた場面が多かったのでこれでよかったと思う。

あまりにも強すぎて3タテを量産したため来期から使えなくなった。

 

 

f:id:tottuanpoke:20200702194614p:plain

ドリュウズ@気合の襷

性格:陽気

特性:型破り

実数値:185-187(252)-81(4)-×-85-154(252)

技構成:アイアンヘッド/地震/岩石封じ/ステルスロック

 

本構築の「ステルスロック」撒き

襷カウンターで負けることが死ぬほど嫌だったため、積極的に選出して「ステルスロック」を撒いていた。

今期も「アイアンヘッド」でポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainをたくさん怯ませたため、来期から使えなくなった。

 

f:id:tottuanpoke:20200701223026p:plain

トゲキッス@鋭い嘴

性格:控えめ

特性:天の恵み

実数値:161(4)-×-115-189(252)-135-132(252)

技構成:エアスラッシュ/マジカルシャイン/大文字/悪巧み

 

本構築のエース②。

エースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainが出せない場合のみ選出する。

今期も「エアスラッシュ」でポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainをはじめとする多くのポケモンを怯ませため、来期から使用できなくなった。

 

 

f:id:tottuanpoke:20200702234131p:plain

ドラパルト@食べ残し

性格:臆病

特性:すり抜け

実数値:193(236)-×-106(84)-121(4)-108(100)-190(84)

HB:A187ドリュウズf:id:tottuanpoke:20200701223715p:plainの岩石封じを身代わりが最高乱数以外耐え

 D :DL対策
  S :最速インテレオン抜きf:id:tottuanpoke:20200703000716p:plain

技構成:祟り目/鬼火/電磁波/身代わり

 

脳死で「電磁波」をうつポケモンその①

有利対面ができると必ずポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainに引いてくるため、積極的に「電磁波」をうっていた。

何をしても強いポケモンのため来期から使用できなくなった。

 

 

 

f:id:tottuanpoke:20200701223139j:plain

ゴリランダー@グラスシード

性格:意地っ張り

特性:グラスメイカ

実数値:175-194(252)-111(4)-×-90-137(252)

技構成:グラススライダー/10万馬力/アクロバット/剣の舞

 

本構築のエース③

有利対面で剣舞して3タテを狙う。

前期は選出率がそこまで高くなかったため、試しに型を変えてみた。

型を変えたことにより、相手のゴリランダーf:id:tottuanpoke:20200701224253p:plainを起点に3タテをすることが多かったため、この判断は正しかったと思う。

多くの水、岩、地面タイプの人権を奪ったため来期から使用できなくなった。

 

f:id:tottuanpoke:20200702223531p:plain

ウォッシュロトム@オボンのみ

性格:図太い

特性:浮遊

実数値:157(252)-×-165(180)-128(20)-128(4)-113(52)

HB:11nかつエースバーンの陽気珠飛び膝蹴りをステルスロックダメージ込耐え

  S:準速60属抜き

技構成:放電/ハイドロポンプ/電磁波/悪巧み

 

脳死で「電磁波」をうつポケモンその②

このポケモンにも後出しでポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainを出されるため、積極的に「電磁波」をうっていた。

こちらのゴリランダーf:id:tottuanpoke:20200701224253p:plainの型を変えたことにより、相手のゴリランダーf:id:tottuanpoke:20200701224253p:plainが辛くなくなったためウォッシュロトムf:id:tottuanpoke:20200701232237p:plainに戻した。

相変わらず「放電」での麻痺は引かなかったが、「電磁波」をほとんど外さなかったから偉かった。

来期も使用できるが、使用するかは未定。

 

 

【最後に】

来期から環境が大きく変わり、同じように勝てるかわからないが、これまで通り積んで殴る構築を考えていきたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。もし質問等があれば@tottuan11までお願いします。

 

f:id:tottuanpoke:20200902222628p:plain

f:id:tottuanpoke:20200902222637j:plain

 

 

S8使用構築【最終50位 2118】電磁波運ゲスタン

とっつぁんです。
S8お疲れ様でした。
満足の行く結果が出せたので記事を書きます。
本記事は前期使用構築の改良版となっています。

 

 

【コンセプト】

状態異常と「ステルスロック」を撒いてエースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainトゲキッスf:id:tottuanpoke:20200701224921p:plainで3タテを狙う。

【変更点】

【個別紹介】

 

 f:id:tottuanpoke:20200701214854j:plain

エースバーン@ラムのみ

性格:意地っ張り

特性:リベロ

実数値:161(46)-184(252)-96(4)-×-97(12)-164(196)

  S:最速ウーラオスf:id:tottuanpoke:20200801162825p:plain抜き 

  D:DL対策

技構成:アイアンヘッド/飛び膝蹴り/飛び跳ねる/ビルドアップ

 

本構築のエース①。

相手のエースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainのほとんどは最速のため、同速勝負を諦め耐久に振っていた。しかし準速エースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainの記事をいくつか見たためASブッパにしたほうが良かったたかもしれない。

技構成はキョダイカキュウが解禁されたが、切れる技がなかったため前期と同様。

キョダイカキュウを警戒させるため、キョダイマックス個体を使用。

今期も相変わらず強く、何度も3タテをした。

 

f:id:tottuanpoke:20200702194614p:plain

ドリュウズ@気合の襷

性格:陽気

特性:型破り

実数値:185-187(252)-81(4)-×-85-154(252)

技構成:アイアンヘッド/地震/岩石封じ/ステルスロック

 

本構築のステロ撒き。

前期の構築から変更点なし。

ドラパルトf:id:tottuanpoke:20200701223631p:plainが相変わらず多かったため、ステロ撒きはドラパルトf:id:tottuanpoke:20200701223631p:plainのSを下げることができるドリュウズf:id:tottuanpoke:20200701223715p:plainに任せていた。

 

f:id:tottuanpoke:20200701223026p:plain

トゲキッス@鋭い嘴

性格:控えめ

特性:天の恵み

実数値:161(4)-×-115-189(252)-135-132(252)

技構成:エアスラッシュ/マジカルシャイン/大文字/悪巧み

 

本構築のエース② 

エースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainの通りが悪い場合に選出する。

前期は最速個体にしていたが、生きる場面がほとんどなく準速にした。

ポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainドヒドイデf:id:tottuanpoke:20200701231622p:plain、ピクシーf:id:tottuanpoke:20200702231803p:plainなどの受けポケモンに対して強くなれたため、控えめのほうが使いやすかった。

 

f:id:tottuanpoke:20200702234131p:plain

ドラパルト@食べ残し

性格:臆病

特性:すり抜け

実数値:193(236)-×-106(84)-121(4)-108(100)-190(84)

HB:A187ドリュウズf:id:tottuanpoke:20200701223715p:plainの岩石封じを身代わりが最高乱数以外耐え

 D :DL対策
  S :最速インテレオン抜きf:id:tottuanpoke:20200703000716p:plain

技構成:祟り目/鬼火/電磁波/身代わり

 

本構築の状態異常撒き。

状態異常を撒いて起点作成をする。

相手の構築にポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainがいる場合はほぼ確実に選出されるため、積極的に「電磁波」を打っていた。

「電磁波」の効かないカバルドンf:id:tottuanpoke:20200702003840p:plainドリュウズf:id:tottuanpoke:20200701223715p:plainに強くするため「鬼火」も採用。

以下の理由からドラパルトf:id:tottuanpoke:20200701223631p:plainは状態異常撒きとして非常に使いやすかった。

  • アタッカー型も一定数いるため「挑発」が打たれない。
  • 特性すり抜けがあるおかげで「身代わり」も打たれない。 

 

f:id:tottuanpoke:20200701223139j:plain

ゴリランダー@命の珠

性格:陽気

特性:グラスメイカ

実数値:175-177(252)-111(4)-×-90-150(252)

技構成:ウッドハンマー/グラススライダー/馬鹿力/剣の舞

 

エースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainと相性が良く、ダイマックスしなくても強いアタッカー。

前期は「ドラムアタック」を採用していたが、ウォッシュロトムf:id:tottuanpoke:20200701232237p:plainヒートロトムf:id:tottuanpoke:20200802130135p:plainに変えたことでカバルドンf:id:tottuanpoke:20200702003840p:plainの選出率が上がり、なおかつゴリランダーf:id:tottuanpoke:20200701224253p:plainに突っ張る人が多かった。そのためカバルドンf:id:tottuanpoke:20200702003840p:plainを一撃で倒せる「ウッドハンマー」を採用。

ウッドハンマー」+ 珠ダメで自主退場することでギャラドスf:id:tottuanpoke:20200702012459p:plainトゲキッスf:id:tottuanpoke:20200701224921p:plainのダイジェットによるS上昇をさせない立ち回りができるため最速のままにした。

相手のポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plain、エースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainがきつくて選出率はそこまで高くなかったが、出した対戦はしっかりと活躍した。

 

f:id:tottuanpoke:20200801172553p:plain

ヒートロトム@オボンのみ

性格:図太い

特性:浮遊

実数値:157(252)-×-165(180)-128(20)-128(4)-113(52)

HB:11nかつエースバーンの陽気珠飛び膝蹴りをステルスロックダメージ込耐え

  S:準速60属抜き

技構成:放電/オーバーヒート/電磁波/悪巧み

 

前期はウォッシュロトムf:id:tottuanpoke:20200701232237p:plainを使用していたが、以下の理由から変更した。

  • ゴリランダーf:id:tottuanpoke:20200701224253p:plainがいるだけで選出できず、選出率が低かった
  • 前期の構築では相手のリザードンf:id:tottuanpoke:20200703225200p:plainスピンロトムf:id:tottuanpoke:20200703225221p:plainがきつかったため

Sをここまで振ることで、ミラーが発生した際に上から行動することが多くなる。

この構築で選出率が高いエースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plain、ドラパルトf:id:tottuanpoke:20200701223631p:plainポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainに対して強くするため「電磁波」を採用。

「放電」はミミッキュf:id:tottuanpoke:20200702005418p:plainの化けの皮を剥がす、ウーラオスf:id:tottuanpoke:20200801162825p:plainの襷を潰してかつ30%の麻痺ワンチャンを狙うために採用。しかし全く麻痺させなかったため30%は信用できないと改めて思った。

かつては「鬼火」を採用していたが、エースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainがいない選出をした際にポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainが突破できず負けて腹がたったため「悪巧み」を採用。

ヒートロトムf:id:tottuanpoke:20200802130135p:plainの「電磁波」「悪巧み」は読まれることが少なくて動かしやすかった。

 

【選出パターンと立ち回り】

ドラパルトf:id:tottuanpoke:20200701223631p:plain+ドリュウズf:id:tottuanpoke:20200701223715p:plain+エースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plain

今期はこの選出で勝つことが多かった。ポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainダイマックスを使われるときつい展開になるため、以下のような立ち回りをしていた。

  1. 初手にドラパルトf:id:tottuanpoke:20200701223631p:plainを出してポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainに「電磁波」を入れる。
  2. ドリュウズf:id:tottuanpoke:20200701223715p:plainに交換。「ステルスロック」を撒いて「アイアンヘッド」連打。
    ポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainを倒した場合は3.
    ポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainに倒された場合は4.
  3. ドラパルトf:id:tottuanpoke:20200701223631p:plainから再展開。状態異常を入れてエースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainで残りを倒す。
  4. ポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainを起点にエースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainが「ビルドアップ」をして3タテを狙う。

この選出のいいところ

  • 状況によるがドラパルトf:id:tottuanpoke:20200701223631p:plainは技外しが1度だけなら許容できる。
    ※大体の攻撃を一度は耐え、上から2回以上行動できることが多いため。
  • ドリュウズf:id:tottuanpoke:20200701223715p:plainは「電磁波」が無効でエースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainはラムのみを持っていることで1度だけ状態異常を治せるため、状態異常による運負けが少ない。
  • 相手より早く行動することが多いため、トゲキッスf:id:tottuanpoke:20200701224921p:plainの「エアスラッシュ」などによる理不尽な怯み負けが少ない。

前期の基本選出、ドリュウズf:id:tottuanpoke:20200701223715p:plain+エースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plain+ゴリランダーf:id:tottuanpoke:20200701224253p:plainは相手のポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainがきつすぎるため、この選出パターンは少なかった。

 

【きついポケモン

ポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plain

ダイマックスしたポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainがとにかくきつかったため、ダイマックスをさせないように立ち回る必要があった。
電磁波運ゲすることを決意させたポケモン

エースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plain

こちらもポリゴン2f:id:tottuanpoke:20200802131052p:plainほどではないが立ち回りを間違えると3タテされる。
ドラパルトf:id:tottuanpoke:20200701223631p:plainヒートロトムf:id:tottuanpoke:20200802130135p:plainで電磁波を入れるかエースバーンf:id:tottuanpoke:20200701215807p:plainを後発でダイマックスさせて対応していた

 

【最後に】

相手に一方的な運ゲを仕掛け勝てることが多かったので、過去のシーズンよりストレスがたまらずランクマッチができました。ランクマッチの勝ち方の1つとして参考になればと思います。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
もし質問等があれば@tottuan11までお願いします。

 

f:id:tottuanpoke:20200802161607j:plain

 

f:id:tottuanpoke:20200802161552p:plain